Java

本稿は、文字列操作関連で私が便利だと思った機能に絞り、それぞれ紹介します。

文字列操作は、ほとんどの分野で必須なので、ある程度操作できるようになっておきましょう。

もちろん、ここで紹介する以外にも便利なメソッド ...

Java

本稿は、総称型を利用し、汎用プログラミングを実現する方法を説明します。

総称型を利用すると、一つの機能でいろんな型を扱えるクラスやメソッドを定義できます。

突き詰めると、非常に難易度が高く、わけのわからないプロ ...

Java

本稿は列挙型を使用する方法を説明します。

Javaの列挙型はenumキーワードを利用することで使用できます。

Enumは定数宣言に特化しており、宣言する変数は、暗黙的にpublic static finalが付 ...

Java

本稿は例外処理について説明します。

例外は、不正な処理を実行しようとした場合に起こります。

例えば、配列の要素数を3で作成して10番にアクセスしようとした時などです。

例外が発生するとプログラムが停 ...

Java

本稿は、ラムダ式とメソッド参照について説明します。

Java8からは新しく関数型プログラミングの要素が利用できるようになりました。

関数というのは、今までさんざん使用してきた、メソッドのことだと思ってもらって構 ...

Java

本稿では、匿名クラスについて説明します。

匿名クラスとは継承の一種なのですが、メソッド内のその場で、名前も付けずに処理を実装してしまおうという横着したい人向けの機能です。

最近では、ラムダ式も使用できるようにな ...

Java

本稿では、内部クラスについて説明します。

内部クラスはインナークラスともよばれ、クラスブロックの中にさらにクラスを定義することで利用できます。

内部クラスは基本的には普通のクラスと変わりませんが、少し違う部分も ...

Java

本稿はJavaのインターフェースの機能について説明します。

インターフェースとは抽象クラスと似ている部分もあるのですが、少し変わった特徴があります。

インターフェースは、抽象クラスが多重継承不可能なのに対し、多 ...

Java

本稿は抽象クラスについて説明します。

抽象クラスとは必ず継承して利用しなければならないクラスです。

実装が不十分なのでプログラマが実装してやる必要があるのですね。

抽象クラスには抽象メソッドを定義で ...

Java

本稿ではinstanceof演算子を使用し、型判定をする方法を説明します。

instaceof演算子は変数の型が何なのかを調べるための演算子です。

instanceofを使えば、実装しているインターフェースや継 ...